☆素顔の先生#11:大橋麗子先生☆




先生の素顔に迫るアンケートの連載#11です😊

今回はシニアインストラクターとして活躍される大橋麗子先生にインタビューしました

先生の素顔に迫ります!

⭐︎

1、出身はどこですか?

愛知県豊橋市(名古屋とは違うよ‼︎)

2、好きな食べ物はなんですか?

今は椎茸、蓮根、ラム肉

3、休日の過ごし方は?

休日が無いので休日に憧れます

4、“OOオタク“← OOに入る言葉を選ぶとしたら?

健康オタク

5、食事で気をつけている事はありますか?

無添加な食事と食べる順序

6、いつもフィットでトレーニングを欠かさない印象がありますが、週に何回くらいピラティス、または他の運動をされていますか?ワークアウトの傾向についてもお教え頂けたら嬉しいです。

週に4,5回、毎週計8時間ほどはピラティス、バレエ、トレーニングなどで動いています。

左右差をなくすようなプログラムで、四肢のトレーニングでも片側づつ行い腹斜筋を使うようにしていたり、バレエのためにプライオメトリクストレーニングをしたりしています。


「😆なーんと、かなりワークアウトの時間をとっていらっしゃるのですね!しかも複数の運動の組み合わせ!見習います!」

7、ピラティスにより側湾症を改善されたという事で、同じ症状でピラティスをする多くの皆さまにパワーを与えてくれています。簡単な道のりではなかったかもしれませんが、どのくらいの時間をかけて、またどのような事に配慮しながらピラティスを取り入れられてきましたか?

私は週に一回60分を何年も続けました。

今も少しづつさらに改善されていると実感します。

側湾症のクライアント様をみると、頻度も重要かと思います。

月に2回よりも、やはり週に2,3回が効果的です。

身体は元の曲がった方向にすぐに戻りたくなります。

それとの戦いだと思います。

前述の通り、片足や片腕づつで腹斜筋、腰方形筋、前鋸筋などなど全て左右ばらばらに、どうしたらニュートラルになるかを体に覚えてもらえるように行います。


「😆やはり継続の賜物なのですね。完治しないと言われる側湾症でもピラティスで改善がみられたのは凄く希望が持てます!」

8、表参道・外苑前エリアでおススメのお店は?

もっぱら外苑前のcitronのサラダシトロン、リーフはケールに変更です。行くとこれが出てくるレベルです。

9、好きな音楽は何ですか?

ロックとクラッシック

10、ご自身の為によく行うピラティスのエクササイズは何ですか?

プッシュスルーバーのキャット(片手)、モンキー(片足) リフォーマーのロングストレッチ(片手)、アップストレッチ、スネイク&ツイスト、スターなどかな♪

🌟

《大橋麗子先生がレギュラーでプライベートセッションを指導してる曜日》

火曜、水曜

《大橋麗子先生からのメッセージ頂きました!》

エクササイズは多くの病の予防になり、心身の健康には欠かせないと思います。

その中でもピラティスは各種エクササイズの多くの要素が含まれた運動で、本当におススメです。

おばぁちゃんから、ポストリハビリから、プロアスリートまで、一人一人に合わせて出来る万能なコンディショニング、機能改善の出来る運動です。

ピラティスがどんなものか、もっと日本で認知されると良いなと思います。

すでにピラティスされている方々、良さを周りにアピールして下さい♪

よろしくお願いします。


先生のセッションご予約はこちらから!

ご予約専用サイト

*2月のセッションは現在満員です。

Sky Pilates Tokyo

Sky Pilates Tokyoからの大切なお知らせ