Sky Pilates Tokyoの学び場

Sky Pilates Tokyoには通常のセッションの他、アカデミーという”学び場”があります。具体的には以下の3つに分かれます。

  • STOTT PILATES®インストラクター養成コース
  • ワークショップ
  • SPT Edu.(Sky Pilates Tokyoオリジナルクラス)

インストラクター養成コース

Sky Pilates Tokyoは関東最大級のMerrithew™(STOTT PILATES®)認定ライセンスセンターです。また、Merrithew™のブランド、ZEN•GA®の指導者養成コースが開催できる日本で唯一のスタジオでもあります(リードインストラクタートレーナーが指導資格保持)。膜・筋膜ムーブメント基礎コースも他にはほとんどないコースです。

指導者養成講師は3名。うちの1名は日本で2人しかいないリードインストラクタートレーナーです。

インストラクター養成コースを受講して資格試験に合格すると、STOTT PILATES®公認の認定インストラクターの資格を取得できます(レベルは受講コースによります)。

インストラクター養成コースではインストラクターの養成を専門にしている講師が丁寧に指導。ピラティスインストラクターに必要な技術・知識を体系的に学習できます。

ワークショップ

Sky Pilates Tokyoでは主に春・秋にワークショップを開催。Merrithew™が毎年発表する最新のワークショップから厳選されたタイトルを受講できます。

ワークショップに参加するとCECポイントが付与されます。CECポイントは認定資格を維持するために必要なポイントです(CECポイントについては下記参照)。

具体的なワークショップの内容・スケジュールなどはお知らせのページでご確認ください。

SPT Edu.

SPT Edu.(Sky Pilates Tokyo Education)はピラティスについてもっと勉強したいという方のためのSky Pilates Tokyoオリジナルのカリキュラムです。具体的には以下のような内容です。

  • インストラクター養成コース・認定資格試験サポート
  • SPTオリジナルコース
    • 解剖学コース
    • 英語指導コース
    • バレエダンサー指導コース
  • スタジオ/オンライン勉強会

「もう少し深くピラティスのことを学びたい」

「インストラクター養成コースを受ける前の基礎を固めたい」

そんな方にぜひお勧めします。

アカデミーは何のためにあるのか、インストラクター養成コースで何ができるようになるのかなど、もっと詳しく知りたい方は以下のメッセージもご一読ください。

SPTのアカデミーはピラティス道場!(このページの最下部)

CECとは

CEC(Continuing Education Credits)とは、インストラクターが資格を継続するために毎年取得しなければいけないポイント(credit)です。アカデミーのコースを受講したり、各種イベントに参加すると、CECが付与されます。

なお、STOTT PILATES®のポイントは他団体の資格継続ポイントにもなります。

各コース、モジュールのCEC

コース名 CEC
IMP 4.0
IMP Module 1 2.5
IMP Module 2 1.5
IR 5.0
IR Module 1 3.0
IR Module 2 2.0
ICCB 5.0
ICAD 2.5
ICHR 1.5
IBRL 1.0
AM 0.6
AR 1.8
ACCB 1.2
ISP 2.4
ZEN•GA® 0.7

対比表

CECs:
STOTT PILATES® 0.6
REPs 6.0
ACE 0.6
canfitpro 3.0

SPTのアカデミーはピラティス道場!

通常のセッションでは、インストラクターが教える通りに体を動かします。週に一度あるいは月に一度、健康のため、趣味としてピラティスをやるのでしたら、それでも十分です。けど、ピラティスを続けていると、こんな風に思ったりしませんか?

「もっとピラティスについて深く知りたい」

「教えられるだけじゃない。自分で考えてピラティスをやりたい」

「ピラティスのよさをもっと多くの人に知ってもらいたい」

こうなると、ピラティス関連書籍を買ってきて読み込んだり、ネットでピラティスについて調べはじめたり…。完全にハマってますw

だけど、一度ハマるとこれでも物足りなくなってきます。独学じゃなく、しっかりと勉強したい、と。

Sky Pilates Tokyoのアカデミーはピラティスの魅力に取りつかれてしまった方のための、ピラティス虎の穴w ピラティスを極めるための道場です。

アカデミーではまず、Sky Pilates Tokyoのオリジナルコース・SPT Edu.で解剖学の基本、つまり骨や筋肉の構造を理解することから始めることができます。

そして、インストラクター養成コースで初/中級マットコースかリフォーマーコースを受講し、試験に合格するとSTOTT PILATES®認定インストラクターとなります。めでたしめでたし…というわけにはいきません!w ピラティスの道はまだまだ続きます。

いえ、もちろんここでやめてもいいんですが、STOTT PILATES®のいいところは、資格取得後も教育プログラムがしっかりしているということなんです。

随時開催されるワークショップに参加することで、どんどん技術がアップします。自身のピラティスのスキルも、指導のスキルもです。そして、次の段階のコースへ進めば、さらに知識と技術が向上します。

こういうルート、教育プログラムがしっかりしてるから、STOTT PILATES®では学びやすいんですねー。

Sky Pilates Tokyoのアカデミーでは、ダンサー経験もあるインストラクターが指導します。人の動きを経験的に熟知していますから、理論だけではなく、実践的な講義が受けられます。

安全かつ効果的にエクササイズをおこなうにはどうすればいいか、理解してもらいやすくするためには、どんな言葉やイメージを伝え、どんなキューイングをすればいいか、初めて見る方の体に臨機応変に対応し、適切なプログラムを組み、モディフィケーションを用意するにはどうすればいいか。

学ぶことはたくさんあります。

STOTT PILATES®インストラクターは学び続ける

そう、インストラクタートレーナーをやっている私も、まだまだ勉強しなきゃいけないことがいっぱいあります。

世界的に認知され信頼されているブランド・STOTT PILATES®で、一緒にピラティス道を探求しましょう!

あ、スタジオで働きたいという方、STOTT PILATES®の資格があると有利ですよw